メニュー

マスク皮膚炎

[2024.04.13]

新型コロナウィルス対策としてマスクの長時間着用により皮膚のトラブルが増えています。
マスク皮膚炎の症状としては紅斑、かゆみ、乾燥、ニキビなどが見られます。もともと皮膚炎がある方はマスク皮膚炎をおこしやすいことが知られています。またサージカルマスクのほうが布のマスクより皮膚炎をおこしやすいことが知られています。医療従事者に皮膚炎をおこす人が多いのはそのためと考えられます。
マスクの下には化粧品やスキンケア製品を使用しないか、低刺激性のものを使用するようにしてください。
マスク皮膚炎の症状は様々なため、まずは早めに皮膚科を受診し、症状に応じた治療を受けること大事です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME