メニュー

メラニン色素を減らには…!? 【スタッフブログ】

[2024.04.30]

◆日焼けとは、どういう状態を言うのか…?
紫外線の刺激によって、皮膚がやけどを起こした状態が「日焼け」です。
日焼けは専門用語で「日光皮膚炎」と言います。
紫外線のダメージを防ぐためにメラニンが大量に生成されているからです。
肌が黒くなるのは、メラニンが増えて防御力を上げているからです。

◆メラニン色素を減らすにはどうすればいいの…?
では、メラニン色素を減らすために具体的に何をすればいいのかをご紹介いたします。
紫外線の刺激によって、皮膚がやけどを起こした状態が「日焼け」。
日焼けは専門用語で「日光皮膚炎」と言います。
紫外線のダメージを防ぐためにメラニンが大量に生成されているからです。
肌が黒くなるのは、メラニンが増えて防御力を上げているからです。
では、メラニン色素を減らすために具体的に何をすればいいのかをご紹介いたします。
・紫外線対策をする
日焼け止めや日傘・帽子・サングラスなどでなるべく紫外線に当たらないようにしましょう。

・スキンケアをする
肌が健康であればメラニンの増加は少なくなります。
スキンケアの方法は保湿、ピーリングをしたり、炎症はすぐに沈めたりなどさまざまです。
そして、摩擦などの余計な刺激で肌がダメージを受けないように気をつけましょう。

・リフレッシュする
肉体的、精神的な疲労のどちらもメラニン増加を促してしまう原因となります。
しっかりと休息の時間をとってストレスを解消しましょう。

・生活習慣を改善する
規則正しい生活リズムで運動・睡眠・食事を適度に摂りましょう。酒やたばこもメラニン生成を促進しますので、控えるのが望ましいです。

・美容治療を受ける
効率よく、早くメラニンを排出したい方は美容治療を受けるのがおすすめです。
美容治療には「保湿・ピーリング」といった基本的なスキンケアが目的のものもあれば、直接メラニン色素を粉砕するものもあります。
上記の事を参考に普段の行動を見直していきましょう。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME