メニュー

自分で行う花粉症対策

[2024.02.14]

花粉症のシーズンがいよいよ到来します。症状がでる前からの投薬が大切ですが、ご自身で花粉症を少しでも和らげるためには、花粉が体に入ってこないようにする注意や工夫が大事です。

外出時の花粉症対策

① 花粉情報の入手
テレビやスマホ等で花粉情報を入手しましょう。今日は花粉が多いのか。飛散の多い時間帯はいつか、きちんと把握しましょう。
② 外出を控える
花粉の飛散の多い日は注意が必要です。飛散の多い時間帯は特に外出を控えましょう。
③ 外出する際の服装
帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて花粉から身を守りましょう。

帰宅時は玄関で花粉をシャットアウト

衣服・ペットなどについた花粉は、外ではらって玄関で落とさないようにしましょう。家に持ち込まないことが大切です。また、顔についた花粉は、洗顔やうがいなどで洗い流して下さい。

家の中の対策

①ドア・窓をきちんと閉める
花粉の飛散が多いときは、特に要注意です。
②掃除はこまめに
室内には花粉が侵入しているので掃除をこまめに行いましょう。

ベッドやふとんでの花粉症対策

①布団を外に干さない
外に布団を干してしまうと花粉がついてしまいます。布団乾燥機などご利用下さい。無い場合は、取り入れ時に花粉をはたいて、さらに布団の表面を掃除機で吸うと効果的です。
②枕元の花粉を拭き取る
床上だけではなく、ベッドにも花粉がたまっています。睡眠時に吸い込まないよう特に枕元の花粉を掃除機や水を含ませたタオルでふき取りましょう。

お風呂・シャワーで花粉を落とす

お風呂やシャワーは朝に入る人もいますが、花粉の時期は帰宅時にお風呂やシャワーに入り花粉を洗い流した方が望ましいです。

空気清浄機

室内では空気清浄機を使うことがお勧めです。安眠できますし、風邪の予防にも役立ちます。

 

花粉症でお困りの際は受診をおすすめ致しますが、ご自身でも注意や工夫を行うことで花粉症を軽減することができます。ご参考にしていただければと思います。

こちらもご覧ください。
ブログ関連記事

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME