メニュー

令和6年4月1日より開始 18歳以下「こども医療費助成制度の所得制限撤廃」

[2024.04.14]

大阪市の「こども医療費助成制度の所得制限が撤廃されます」
こども医療費助成制度では、現在、12歳(中学校就学)から18歳(18歳に達した日以降における最初の3月31日)までのこどもの父又は母等に所得制限を設けていますが、安心してこどもを生み育てられるよう、保護者の所得に関係なく、すべてのこどもを対象に医療費助成等を行うため、令和6年4月から所得制限を撤廃します。
・要点
小学校を卒業しても親の所得に関係なく18歳に達した日以降における3月31日まで医療助成を受けられます。
医療機関においての窓口負担金 500円

高額になる生物学的製剤(アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬など)の疾患で使用する場合、医療費が高額になりますがその部分を補助してくれます。
気になる方は区役所などでご確認下さい。

 

大阪市こども医療費助成制度

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME