メニュー

脂漏性皮膚炎とは【スタッフブログ】

[2024.04.08]

脂漏性皮膚炎とは、頭や顔面などの皮脂の分泌が盛んな箇所にできる湿疹です。赤ちゃんから大人まで起こる病気です。フケが落ちて、かゆみを伴う場合、洗髪時のシャンプーやリンスの洗い残しによるカブレやあせもが原因のことも考えられるのですが、いつまでも治らない、あるいは、再発を繰り返すといった症状で苦しんでいる方は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。脂漏性皮膚炎の原因は不明ですが、皮膚に常在しているマラセチア属の真菌の増殖と、皮脂の分泌、肌質だと考えられています。乳児(生後3カ月)と30~70歳の成人に多く見られます。頭皮だけでなく鼻や頬、耳の中や後ろなど皮脂の分泌が活発な部位出現することが多く、時には胸部やわき、背部中央にもできる人も居ます。かゆみは無いこともあります。

治療方法は、ステロイド外用剤を使用します。またマラセチア菌というカビが関与していることが多いため、抗真菌外用剤を併用する場合もあります。飲み薬は外用剤だけでは治らない強いかゆみに対して抗アレルギー薬を使用することもあります。細菌感染を起こしている場合は抗生剤を短期的に服用することもあります。

ご心配があれば当院での受診をご検討下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME